FC2ブログ

大手町お疲れ様でした~!

こんにちは。クロガネです。
先日は大手町インセクトフェアに出店しておりました。
今回も埼玉烈風隊ブースから虫を紹介させていただきました~

関東一の規模(日本一?)なだけあって、毎年お客さんが絶えなくて大変なんですよね(笑)
中々他のブースを見に行くことが出来ず、気づいたら終了1時間前・・・
用事があったので早めに抜けさせていただき、知人のブースに挨拶に行って離脱。

最初は若干不調でしたが、結果的には去年よりもかなり売れた様子です。
海外の方にもシロヘリ人気なんですね。極太バンドのシロヘリを見せていただきました。

今回のイベントでも沢山の方と交流を深めることが出来ました。

今後ともよろしくお願いいたします。


今季シロヘリ感想 中間報告 命名法も少し。

こんにちは。クロガネです。

最近は少しずつシロヘリの管理名についてのお問い合わせが増えていて、
徐々に広まっているようで嬉しいです。(私が作った方法じゃないですが)

さて、本題です。

当方で管理しているシロヘリにはざっくり分けて二つのラベルが付いています。

・管理名
・血統名


今日はこの2つに触れつつ、今季のシロヘリの感想についても書きたいと思います。

以前書いた管理名の作り方講座(ざっくり)の内容をおさらいしつつ、
今居るブルー血統の感想について少し書きたいなと思います。

・管理名について
シロヘリ 命名法
この画像に殆どが詰まっています。
「管理者」-「系統の意味」
こんな構造になっています。

Fr:ふりすく
Kg:クロガネ
Kb:埼玉虫工房様

等々・・・

なので、僕らが普段話すときは、管理者の部分をカットしたりします。
例:Fr-BoCBoC 等々。

このローマ字のつながりが「管理名」となります。
・掛け合わせた際にドンドン変化していく。
・変化のさせ方は基本的に不規則。一応、両方の特徴を引っ張るものにする。
・長くなった場合はザックリ切ったりする。あるいは変更したり。
・インラインで続ける場合は基本的には変化させない。

私が書くときは、
・本人に聞けばどんな組み合わせかを3代くらいはさかのぼることが出来ます。
・聞いたほうが早い。
・ぶっちゃけ自分が分かればいいやの世界なので所々テキトーになります。
こんな感じのものが入ります。すみません。

・血統名について
血統名は、管理名だけだとお客さんが読みづらいので作りました。
「BoCイン」とか言われてもイマイチ分かりづらいですよね。
そこで、主力青血統の「Fr-BoC」のインラインを全て「ブルーオーシャン血統」と呼ぶことにしました。
かなり枝分かれしましたが、全てのブルーオーシャン血統の個体は最初の1ペアの血から始まっています。

それを見習って、Fr-BoCKbの子供たちにも血統名をつけようと考えたわけです。
あちらに比べて光沢が強い個体が多いので、シャインブルーオーシャン血統としました。
他にも、赤血統のアンビタレッドやすもも血統などがあります。

管理名はラインと一対一対応していて、
ある1ペアからインライン内で枝分かれしたラインを全てまとめて「血統」としています。

シャインブルーオーシャンだと、こんな感じですね。
シャインブルーオーシャン 系統図

さて、ここからは今季シロヘリのお話です。
まずは血統の説明から。上の図とKb-HBの位置が逆で申し訳ないです。
シロヘリ 系統図 2

さて、じゃあまずシャインブルーオーシャン血統から。
・シャインブルーオーシャン血統
各個体はこちら。
各ラインの説明はコチラ



代表選手を何枚か。
Fr-BoCKb-NB
シャインブル-オーシャン SB
シャインブルーオーシャン シロヘリ ブルー血統 Fr-BoCKb-追
シャインブルーオーシャン シロヘリ ブルー血統 Fr-BoCKb-追

まず全ラインを通して言える事が、圧倒的固定度の高さですね。
今のところマジで青しか出ていません。
変り種個体で、前胸が濃い青で上翅が紫という個体も居ましたが、
十分ブルーと呼んで良いと思います。
前世代で出たような個体の、グレードを上げたような風味が出てます。
手元に残したラインからは100%青固定と言って差し支え無いかなと思います。
うちから飛ばした先でも、75%くらいの割合で良い青個体が出ている様子でした。
前胸が鮮やかな個体が多いです。

ラインごとに微妙に特徴が出ていたりしますが、
その中でもNBというラベルを付けたラインは無紋ブルーの超高グレードラインになりました。

全体を通して、紋が綺麗に4本出たオスは少なかったですね。
もしかして、これが無紋因子持ちと4本バンドの中間個体だったり・・・なんて。
メスは殆ど4本綺麗に出てましたね。次世代で綺麗な無紋を少し拝めたらいいな。
いずれにせよ、見飽きるほど濃青が出ました。
適度な個体差と色変わりがあるので、次世代は紫派生を狙ったラインも作ります。

・ブルーオーシャン血統
羽化個体はコチラから。

本家から頂いたお気に入り個体を。
ブルーオーシャン血統 シロヘリ Fr-BoC(B)
ブルーオーシャン血統 シロヘリ Fr-BoC(B)

僕が手元に残した個体は少ないのですが、
やっぱ本家らしいというかなんというか。
とりあえず、ブルーオーシャンは総じてシャインよりも1回り大きいです。
同じ環境でやってもサイズに差が出たので、ちょっと血統の力が出てるのかなと。
前胸のバンドもかなり太くなりやすいです。
シャインに比べてツヤ消しが多いです。
親はめちゃくちゃ良い個体を使ったので、
もう少し親レベルが出てもいいのかな・・・とも思いました。
10頭じゃちょっと少なかったですね。
今のところ親とタイくらいかなと。
まだ何頭か幼虫がいるのでそちらに期待大。
うちに居るラインはまだ分からないですが、
本家シロヘリネキが持ってるラインは前胸が暗めの重厚感ある仕上がりの個体が多いです。
あの体躯にあの色なので、相乗効果でなおさらゴッツく見えます。
中にはそろそろ完全に黒に近い個体も出たり。

画像の、頂いたFr-BoC(B)は前胸も羽も鮮やかな青で、
凄い仕上がりでした。

・ハーフオーシャン血統
羽化個体はコチラ
ハーフオーシャン血統 Kg-BoC0203Kb シロヘリ 
ハーフオーシャン血統 Kg-BoC0203Kb シロヘリ 
ハーフオーシャン血統 Kg-BoC0203Kb シロヘリ 

正直、今季一番面白かったラインです。
羽化個体の6割ほどが良いグレードと、他のラインに比べて固定度は低めでした。
いや、それでも十分高いほうではあるのですが・・・(笑)

特によかったのはバリエーションの豊富さですね。
有紋無紋共に出現してくれましたし、
低めの固定度からは想像も付かないめちゃくちゃ良い個体が出てくれました。
画像のメスはめちゃくちゃバンドが太く、バンドとバンドの間が少し繋がっています。
澄んだ色の無紋が出たりと、1ラインでめちゃくちゃ美味しかったですね。
勿論、このラインは2メスまとめて投入したので、その分バリエーションが増えて当然ではあるのですが・・・
似た色を選んだのにこの結果なので、中々面白いですね。

色と紋で大まかに分けると、以下のような感じです

・極太バンド
・やや太め4本
・無紋

・濃青
・ミドル
・グリーン

3×3×性別2で18種狙えそうなわけですが、
全パターン制覇は難しいですね。鬼過ぎます。
ぶっちゃけ欲しいのは濃青とミドルで、無紋と極太だけなんですよね。
とりあえず極太紋濃青と淡青無紋をめざしてやっていきたいなと。

繰り返しになっちゃうけど、青の最有力血統同士の掛け合わせなのにどうしてこうなった。
両親ともかなり良い個体だったんですよ。
固定度が高い同士でも、CBF1にすると結構ブレるんですね。
ただ、ブレ方が面白かったですね。
似た傾向同士のCBF1はワンランク上や一味違ったものが欲しい時に有効なのかなと。
今季もCBF1をしっかり何本か作りました。

このラインの幼虫はイベントでそこそこ売ったので、売った先で面白い個体が出てくれてたらいいな。


このボタン↓を押してくださると助かります。ランキングが上がります。
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ




Tag:シロヘリ

今季シロヘリHB種親追加分紹介 ②

こんにちは。クロガネです。
今年は夏がめちゃくちゃ短かったですね。

もう終わりかよって感じです。
森はすでに秋の装いで、ちょっと肌寒かったです。
まだまだ昼は暑いんですけどね。
都内の蒸し暑い地域はまだまだ大丈夫な様子。
あともう少し夏を味わいたいな・・・


では本題です。
2ライン追加したので紹介します。


Fr-BoCKb-NB
Fr-BoCKb-NB
Fr-BoCKb-NB
Fr-BoCKb-NB
Fr-BoCKb-NB
Fr-BoCKb-NB
Kg-BoC0203Kb
Kg-BoC0203Kb
Kg-BoC0203Kb
Kg-BoC0203Kb
Kg-BoC0203Kb
親♂:Fr-BoCKb-NB
親♀:Kg-BoC0203Kb
累代:CBF1

ちょっと気合入ってしまったので写真の枚数が多くなりました。
オスは今季最高スペックの無紋ブルー。おそらく固定度世界一。
メスはハーフオーシャン(Kg-BoC0203Kb)。
こっちのラインは結構バラツキがある様子。
色はラムネグリーン~濃青、バンドは無紋~極太まで様々です。
色のグレードはかなり高めです。良い意味でバラツキがあるので、
掘り出しが結構楽しかったです。そんな感じのラインです。
子供には無紋の淡いブルーを期待します。南国の浅瀬のような。


Fr-BoCKB-BB
Fr-BoCKB-BB
Fr-BoCKB-BB
Fr-BoCKB-BB
Fr-BoCKB-BB
親♂:Fr-BoCKB-BB
親♀:Fr-BoCKB-BB
累代:CBF4

今季濃い個体や太い個体、チャクラアリ個体が目立ったシャインブルーオーシャン血統のBBライン。
この濃さは結構好きなので次世代にかなり期待を乗せています。
オスは知人に飛ばした個体を戻していただきました。
手元に残した個体が全部メスで詰んでいたので助かりました。


さて、とりあえずこんなところです。
後日各ラインの狙いや背景などを別記事でまとめたいと思います。


このボタン↓を押してくださると助かります。ランキングが上がります。
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ




Tag:シロヘリ

今季シロヘリHB種親追加分紹介


こんにちは。クロガネです。
いよいよ夏休みに突入です。
今年は躍進の一年にしたいですね。まだ高尾最終に間に合うので、
近いうちに行ってみたいと思います。では本題です。

今季使うシロヘリの情報をお出しします。
中々綺麗な個体が揃っております。
超絶手前味噌な記事になります。


シャインブル-オーシャン SB
シャインブル-オーシャン SB
シャインブル-オーシャン SB
1オス目
血統名:シャインブルーオーシャン
管理名:Fr-BoCKb-SB

このオスには4メス掛けたいと思います。大変だけど頑張ってね。
透き通るような青さ。前胸も同じようなトーンでめちゃくちゃ良い。

シャインブル-オーシャン SB
シャインブル-オーシャン SB
シャインブル-オーシャン SB
1メス目
血統名:シャインブル-オーシャン 
管理名:Fr-BoCKb-SB

まずは同腹。めちゃくちゃ紫が強めに出ているのでかなり期待しています。
長年の夢だった巨峰色まであと少しかも?

シャインブル-オーシャン BB
シャインブル-オーシャン BB
シャインブル-オーシャン BB
2メス目
血統名:シャインブル-オーシャン 
管理名:Fr-BoCKB-BB

この個体はBB内で二番手ですが、濃い青にやや太いバンドと、特徴を明確に受け継いでいると思います。


シャインブル-オーシャン NB
シャインブル-オーシャン NB
シャインブル-オーシャン NB
血統名:シャインブル-オーシャン 
管理名:Fr-BoCKb-NB

無紋ラインから出てしまった有紋ラインですが、青ベースに紫のホログラムが乗っていてキレイです。
前胸にも色が出ていて、次世代がすこし面白そうだなと思っています。


シャインブル-オーシャン 追
シャインブル-オーシャン 追
シャインブル-オーシャン 追
血統名:シャインブル-オーシャン 
管理名:Fr-BoCKb-追

濃い目の青に紫のホログラムが乗った個体。NBの子を濃くしたような印象です。
これも次世代に期待が持てそうなので使用することに。

結局、シャインブル-オーシャンの4ラインから1メスずつ持ってきて全ライン使うことになったわけです。
元親は全部一緒なので、シャインブル-オーシャン インラインということになります。
累代はCBF4ですね。そういえば、ハイブリッドなのでHBF4にした方がいいんですかね?
まあ分かり易いのでCBF4表記で行きたいと思います。

ここに前回の無紋が加わるので計5ラインですね。
かなり力を入れていると思いますが、幼虫をしっかり管理しないと去年の二の舞ですね。
各ライン50ずつくらい確保したいところ。販売分を加味すると70は欲しいですね。



Kg-BoC020Kb
Kg-BoC020Kb
Kg-BoC020Kb
2オス目
血統名:未定
(結果が出たらハーフオーシャンとかにしようかなと思っています。)
管理名:Kg-BoC020Kb

血統名は未定のラインになります。
血統名は基本的に、結果が出たラインを分かりやすく呼ぶためにつけています。
管理名だけだとなんて呼んだらいいか分からないですからね。
血統背景は、ブルーオーシャンの0203♂にシャインブルーオーシャンのメスを掛けたラインです。
ブルーオシャンの重厚感にシャインブルーオーシャンの明るさをプラスできたと考えています。
何故か色のめちゃくちゃバラツキが大きいですが、
上にも下にも触れ幅が大きいので残りのストックが楽しみです。
チャクラアリの紫ホログラムあり。前胸は濃い目の青と、中々完成度高め。
次世代が楽しみです。

こちらも50ほど欲しい。

Kg-BoC020Kb
Kg-BoC020Kb
Kg-BoC020Kb
Kg-BoC020Kb
血統名:未定
管理名:Kg-BoC020Kb

あてがうメスは同腹のこの子。
上翅は濃い目の青で、前胸は見え辛いですが少し色が出ています。
鮮やかさは中々なので結構期待しています。
このラインはとりあえず1メスだけで。



Kb-B_18A
Kb-B_18A
Kb-B_18A
3オス目
血統名:なし
管理名:Kb-B_18A

埼玉虫工房様から購入させていただいたラインです。
色々なシロヘリを混ぜこぜで飼育しているそうで、
色のバリエーションが凄く豊富、かつバンドのバリエーションも素晴らしいです。
ちなみに、BoCKbの「Kb」は工房さんの個体をブルーオーシャンにかけたことを表しています。
BoCの色で無紋を作るために作ったのがBoCKbの始まりです。
そんな期待の工房さんのオスですが、めちゃくちゃグレードが高い水色で羽化しました。
実物を見ていただけると分かり易いのですが、
この色味はシャインからもブルーオーシャンからも出ないです。
残念ながら同腹で同スペックのメスが出なかったので、
ブルー系のメスに掛けて色味を保存したいと思います。

Kg-BoC0203Kb
Kg-BoC0203Kb
Kg-BoC0203Kb
血統名:未定
管理名:Kg-BoC0203Kb

選ばれたのはこのメス。中々上翅の青が濃くて、かつ前胸に色が出ています。
前胸は青よりも緑寄りですが、色が出ていることが重要だと考えています。
次世代はCBF2なのでまたバラつきが大きくなるかと思いますが、
目を引く個体が羽化してきてくれると期待しています。

50くらい欲しいですね。



各ラインの名称付けは近いうちにまとめてアップします。
「今季シロヘリ全ライン説明」みたいな感じで。
よろしくお願いいたします。

このボタン↓を押してくださると助かります。ランキングが上がります。
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ



Tag:シロヘリ

超イチオシ濃青シロヘリが産卵開始。血統説明も。

こんにちは。クロガネです。

ヒラタが産みやすい時期になりましたね。
今年はやや不調なスタートでしたが、段々と幼虫が出揃ってきました。

さて、本題です。
何個かセットを組んだシロヘリですが、
1セットを除いて産卵を確認できました。
ダメだったのは期待していた虎紋ブルーライン・・・
卵は取れていたのですが、腐ってしまいました。
仕方ないですね。赤紋ブルーラインに気体です。

今日紹介するのは、めちゃくちゃ期待しているラインです。

シャインブルーオーシャン血統 シロヘリ 血統証 Fr-BoCKb-NB1
血統名:シャインブルーオーシャン
親♂:Fr-BoCKb-NB CBF3
親♀:Fr-BoCKb-NB CBF3 (同腹)
本ライン管理名:Fr-BoCKb-NB1
産地:アフリカ
累代:CBF4

セット日:7/21
マット:放置したラッシュ
ケース:小プラケ

~結果~
1回目:6個 7/30
継続中。



とりあえず初回割り出しで生んでくれました!という報告でした。
前回はオスがめちゃくちゃ暴れて、あまり良い写真が残せなかったんですよね。
それが残念だったので、撮影のチャンスをうかがってました。
今日はマットの中でお休みしていて、比較的大人しかったので撮影。

ライトを当てると暖かくなってしまうのか、3分ほどで大暴れに。
手早く済ませられるかの勝負ですね。

頑張った写真はコチラ。
Fr-BoCKb-NB シャインブルーオーシャン
Fr-BoCKb-NB シャインブルーオーシャン
Fr-BoCKb-NB シャインブルーオーシャン
Fr-BoCKb-NB シャインブルーオーシャン
Fr-BoCKb-NB シャインブルーオーシャン
Fr-BoCKb-NB シャインブルーオーシャン
若干ピンボケですが、色は出ているので及第点ということで。
メスも前回アップしましたが、再掲載しましょう。

Fr-BoCKb-NB シャインブルーオーシャン
Fr-BoCKb-NB シャインブルーオーシャン
Fr-BoCKb-NB シャインブルーオーシャン
Kg-BoCKb.png
せっかくなので系統図も再掲載。毎回貼っておきましょうかね。

さて、個体の再評価を。
まずは血統的な背景からですね~。
眠たいお話です。

Fr-BoCKb-NBとは、去年「Fr-BoCKb-NB_18G」という管理名で販売したラインになります。
Fr-BoCKbの子供から無紋のペアが出たので、そのまま使用しました。

シロヘリ 血統証
これですね。
販売した先では、うちで羽化したようなめちゃくちゃ青い無紋の個体が羽化しているようです。
もともとはグレードが高い無紋を生み出すためにブルーオーシャンから派生させたラインなので、
本望を遂げたと言えますね。

残念ながら手元で有紋が羽化したので、無紋固定度は100%ではなくなってしまいました。
色は結構良かったので、青血統としてはかなり完成度が高いと思います。
比率で言えばちょうど3:1くらいで無紋のが多いです。

親に注目すると、オスが若干薄いですね。メスがかなり頑張ってくれたような印象です。
鮮やかさはしっかりしていたので、これはこれでアリな掛け合わせだったようですね。

んじゃ個体の評価のほうへ。

個人的には今まで見た中で1番のお気に入りのペアです。
ちゃんと血統として進化していて嬉しい限りです。
オスメス共に、上翅の完成度がめちゃくちゃ高いです。
工夫をしなくてもしっかり青く見えるのが良いですね。

特にオス前胸の彩度が高く、明度が低いのが好ポイントですね。
メスのほうも若干ではありますが、青味が感じられます。
海外の方からも欲しいと言っていただけたのは嬉しかったです。
知人の方からも「あの無紋の青個体ヤバいね」というお声をいただけました。

裏面についてはまだ甘いといった印象ですね。
赤斑点が出る個体と出ない個体が居るので、
ここは次世代で固定出来るかなと思われます。
(メスの裏面を撮り忘れるガバ)

今の状態でも中々完成域に近いですが、
ここからもう1歩進んだ個体が見たいですね。

例えば、他の青いカナブンはもうすこし前胸の完成度が高いので、
そこに近づいてくれたら嬉しいですね。
あとは、うっかり紫側にシフトしてくれないかな・・・とか。

この代は出来るだけ抱えようかなと思います。
目指せ100頭!!!


このボタン↓を押してくださると助かります。ランキングが上がります。
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ


Tag:シロヘリ

パラワン計算するやつ

パラワンの羽化サイズ計算機

蛹体重は?==>グラム



気になる羽化予想は…
たぶん±1.5mmくらい!!!







 

Designed by Akira.

Copyright © 隠れ家 All Rights Reserved.